外来化学療法室

 

勝俣 範之

外来化学療法室 室長

 近年、各種がんに対する化学療法(抗がん剤治療)は新しく開発、承認された抗がん剤の出現により目覚ましい発展を遂げております。更に副作用対策の進歩により安全性も向上し、外来での抗がん剤治療が主流になってきました。このような状況の中、日本医科大学武蔵小杉病院は2007年に中央診療部門の一つとして外来化学療法専用の外来化学療法室を開設しました。当院における外来化学療法室とは外来での注射による抗がん剤治療を行う専用の部屋のことです。
 外来化学療法室開設の目的は、入院をせずに外来において安全にがん化学療法を実施することです。各診療科の外来処置室などで、他の患者さんに混ざって行われていた化学療法を一つの部屋に集中させて行うことにより、外来処置室の混雑の緩和と待ち時間の短縮の効果が期待できます。安全で効率的に外来化学療法を実施することにより、患者さんのQOL(生活の質)を高く維持するように配慮しております。
 


 当院の外来化学療法室は8台の電動リクライニングチェアと4台のベッドの合計12床を備え、がん化学療法認定看護師の資格を有する専任の看護師1名、がん専門薬剤師の資格を有する薬剤師1名が常勤し、担当医師は、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構のがん治療認定医あるいは教育医が輪番制で治療にあたっております。


患者さんのプライバシーを遵守するために、各ベッド間はカーテンで仕切られ、音楽を聴く事、読書、飲食などは思いのままに行うことが可能です。スタッフ一同、患者さんがリラックスした環境のなかで落ち着いて抗がん剤治療が受けられるように努力しております。


 外来がん化学療法を行う全診療科が対象ですが、現在では腫瘍内科、消化器病センター、外科、女性診療科、内科、泌尿器科を中心に1ヶ月平均300件、年間約3600件の抗癌剤治療を実施しております。対象疾患は胃がん、大腸がん、膵臓がん、食道がん、乳がん、肺がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、がん以外の悪性腫瘍など多岐にわたっておりますので、ご利用にあたっては前もって主治医にご相談いただきますようお願い申し上げます。


 外来化学療法室には、化学療法の実施手順や副作用についての説明パンフレットを用意しておりますので、外来化学療法に関して不安なことやご質問がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。皆様のご意見をもとに、今後もより安全で快適な外来化学療法の実現のために、更なる環境整備や専門知識の導入に努め、質の高い医療の提供を目指していく所存です。

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ