腫瘍内科

当科の特徴

勝俣 範之

腫瘍内科 部長

腫瘍内科とは、「がん」の薬物療法(抗がん剤治療)を中心に、「がん」という病気に内科的に関わっていく診療科です。抗がん剤治療は、近年では大変進歩が目覚ましく、がん治療の中で大きな役割を担っています。ところが、抗がん剤は、副作用が強く、時には重篤な副作用をもたらすこともあります。一方、安易に投与量を減らしてしまうと、今度は効果がなくなってしまうため、専門医による厳密な管理が必要です。当院では、これらのことに配慮しつつ各診療科ががん医療を行って来ましたが、この度、私たちが腫瘍内科という新しい科を作り、院内各科をサポートしていくことになりました。
当科では抗がん剤治療のスペシャリストである腫瘍内科医が、各科と協力しながら適切に抗がん剤治療を実施していきます。また、内科医として、がん患者さんのさまざまな悩み・相談にも対応し、患者さんの「生活の質」を最大限に大切にするよう心がけます。そして、より良い生活を送ることができるよう患者さんと「共に」がんと闘っていきます。


おもな診療内容

「標準治療」の実践:

「標準治療」とは、「世界で最も優れた最善かつ最良の治療」のことを言います。当科ではこの世界水準の「標準治療」の実践を心がけていきます。標準治療は、過去から現在までのあらゆる医学研究(基礎研究・臨床研究)の結果から見いだされた最善の治療法です。標準治療の実践こそが、患者さんに最大限の利益をもたらすことになるのです。

 

「チーム医療」の実践:

最善のがん診療をしていくためには、「チーム医療・チーム力」が大切です。がんの「チーム医療」を担当するのは、外科医、婦人科医、放射線治療医、緩和ケア医(チーム)、精神科医、看護師(がん専門、がん化学療法認定、緩和ケア認定、がん性疼痛認定)、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、ピアサポーターなど多岐にわたります。腫瘍内科の役割は、その「チーム医療」をより円滑に実践するための、架け橋(コーディネーター)となるよう連携を密に図っていきます。

 

具体的な業務内容: 

がん薬物療法(抗がん剤治療)
あらゆる「悪性腫瘍・がん」の薬物療法(化学療法、ホルモン療法、分子標的治療薬)の標準治療を実践します。特に、日本で専門医の少ない、婦人科がん、乳がん、肉腫、泌尿器がん、原発不明がん、胚細胞腫瘍、絨毛がんなどの抗がん剤治療にも、積極的に対応します。

 

抗がん剤の副作用に対する対応
抗がん剤は、正常細胞も痛めつけるため、さまざまな副作用(吐き気、食欲不振、脱毛、だるさ、下痢、口内炎、皮膚障害、心障害、肺障害、肝障害、腎障害、感染症、抗がん剤漏れなど)が出てきます。抗がん剤の副作用に対して、適切に支持療法(副作用を抑える対処法)を実践することにより、患者さんの生活の質を高め、かつ安全・適切に抗がん剤を行うことが可能となります。

 

がん緩和医療
がん緩和医療とは、がんによるさまざまな症状(痛み、つらさ、苦しみ、不安、抑うつなど)に対処していく治療のことです。最近では初期の段階から、時には、抗がん剤や放射線などと併用して緩和医療を行うことにより、患者さんの生活の質を高め、生存率を向上させるという研究結果も出てきています。また、患者さんの症状を緩和させるために、場合によっては、放射線治療を行ったり、腸閉塞の際には、バイパス手術を行ったりします。これらの治療も緩和医療の範ちゅうに含まれます。腫瘍内科では、緩和ケアチームや各医療チームと連携しながら積極的に実践していきます。

 

セカンドオピニオン
がんの治療方針に対する相談、治療施設に関する相談など、がん患者さんのさまざまな悩み・相談にも丁寧に対応します。

 

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ