新生児内科

当科の特徴

新生児内科 当科の特徴 2011年9月末より社会保険認可NICU6床、GCU12床の計18床に拡張し、地域周産期センターとして新生児・未熟児医療を行っています。新生児専属スタッフ2~3名と小児科・産婦人科からの研修スタッフ数名が常時在籍し、在胎27週以降、出生体重1000g以上の低出生体重児を中心に、呼吸障害、感染症、先天異常児などを扱っています。

院内出生児はできる限りお母さんと一緒に帰っていただけるよう、在胎36週未満、出生体重2000g未満を目安に入院治療を行い、低出生体重児でも2000gを超える児は合併症のない限り産科病棟で母児同室になっております。

 神奈川県は周産期医療システムが完備されており、システムを介して、院外出生児も積極的に受け入れております。また、神奈川県の特徴として、総合周産期センターで超急性期を管理した後に、地域周産期センターへ転院し退院までのケアを行う「バックトランスファー」も多くなっています。

中規模のNICUではありますが、その利点を生かし、赤ちゃんのみならずご家族にとっても安心できるような、すみずみに目の行き届く医療を目指して、医師・看護師含めみんなで力を合わせて日夜努力しております。

 

主な対象疾患

在胎27週以降、出生体重1000g以上の新生児に発生した内科的病態すべてが対象となります。また、それを下回る新生児に対しても検討の上、なるべく対応していきます。外科的手術を要する赤ちゃんについても、当院小児外科との協力の上、積極的に対応しますが、新生児期早期に手術を要するような複雑な心奇形など一部の疾患については、より専門性の高い病院への搬送を行う場合があります。

 

他の医療機関のみなさまへ(新生児のご紹介について)

周産期システムを介してご紹介いただいても、また直接ご連絡いただいても結構です。

 

退院後のフォローアップ

NICUに入院した児を中心とした発育・発達のフォローアップ外来を行っています。低出生体重児のみならず、出生後のトラブルにも対応しております。院外出生児についても同様のフォローアップをしておりますので、里帰り分娩や転送された場合などもご遠慮なくお申し付けください。

完全予約制となっております。

 

他の医療機関のみなさまへ(フォローアップ外来へのご紹介について)

お電話で小児科外来へ直接ご予約ください。なお、ご予約の電話は平日の午後2時以降にお願いいたします。

 

新生児のお母さま方へ

母乳育児のトラブル等でお困りの方についても、外来でのご相談をお受けいたしております。

 

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ