中央検査室

当室の特徴

『臨床検査』は、血液や尿などの患者さんから採取される体液を用いた『検体検査』と、患者さんの身体に直接機材を装着して電気的信号等に変換して計測する『生体検査』とに大きく分けられます。
当院の中央検査室では、院内の全診療科から依頼された入院・外来のすべての検体と生体検査を対象に、臨床検査全般を実施しております。以下に、その特色を列記します。

検体検査のシステム化

専用の臨床検査システムと各種・自動分析装置の連携により、大量検体を迅速かつ正確に処理します。
病院ホストシステムのオーダリング端末に検査結果をリアルタイムで通信し、全ての診察室・病棟において過去の結果を含めた最新の検査結果が常時参照できます。
各診療科に対応した200種以上のセット検査を設定し、効率の良い運用を実施しています。

緊急検査への迅速対応と、24時間検査体制

外来の診察前検査や緊急検査にも迅速に対応し、主要な検査項目のほとんどが緊急対象となっています。
夜間、休日の緊急検査も実施。24時間の救急診療に対応した検査体制をとっております。

検体採取(採血)から報告までを一元化

全診療科から依頼された外来採血のほぼすべてを、常勤の『臨床検査技師』が採血しています。
主要病棟における予約検査の早朝採血についても、検査技師が出向して採血しています。
自己血輸血を予定される患者さんの採血では、担当の検査技師が採血状況のモニタリングから血液の保管までを一元管理しています。

輸血関連検査の充実と管理体制の強化

全自動輸血検査装置の採用により、昼夜を通して常に正確で安定した検査成績を提供します。
輸血管理システムと患者認証システムの採用により、輸血に関わるあらゆる事故防止に努めています。

精度管理、研究業務、その他

全国規模の外部精度管理に積極的に参加し、高い検査精度の維持・向上に努めています
日常の検査業務のほかに、新規検査および検査試薬・機器の研究や検討を重ね、最新の情報と技術を積極的に取り入れております。


当室のおもな業務内容

臨床検査の結果は、疾病の早期発見、診断、治療の経過観察、および健康管理などに欠かせないものであり、中央検査室はそれらのデータを迅速・正確に臨床へ提供する重要な役目を担っています。

当院の中央検査室は、以下の7つの検査部門から構成されております。

血液学的検査

血液中の細胞(血球)の分類と算定を同時に実施し、さまざまな情報を得ます。これにより、各細胞の数値的異常や形態学的異常などを確認します。凝固・線溶検査では出血や止血機構の異常があるかを検査し、その異常が量的か質的かを追求します。また、骨髄液検査においては骨髄が主たる造血臓器であることから、多くの血液疾患の診断に不可欠な情報を提供しています。

生化学的検査

血清中の酵素、蛋白質、脂質、無機質、糖質、ホルモンなどの生化学的成分の定量分析を行うことにより、主たる臓器の機能異常が推測できます。また、がんの診断に欠かせない腫瘍マーカー検査や、スギ花粉症に代表される各種のアレルギー検査なども含めて、100種以上に及ぶ検査項目を短時間で測定しています。

免疫学的検査

ウイルス性肝炎や梅毒、エイズ、マイコプラズマ肺炎などの感染症に関する検査を免疫血清学的に行なって感染の有無や抗体量を調べます。ほかに、細胞組織の炎症や壊死の有無、リウマチなどの自己免疫性疾患、妊娠に関わる検査も行なっています。

尿一般検査

最も簡単に採取できる尿は、身体の状態をよく反映し、簡単に調べることができます。糖や蛋白、血液などの出現や増加により、さまざまな病態や異常が判断できます。特に、糖尿病や腎機能障害、尿路感染症などにおいては欠かせない検査です。また、便の潜血反応、寄生虫の検査や、胸水、腹水、精液などに関する検査も行なっています。

微生物学的検査

多岐にわたる細菌感染症の起因菌の検索と、治療上有効な薬剤を選択するための薬剤感受性試験がおもな業務ですが、最近注目されているMRSAに代表される院内感染対策の疫学環境調査も行なっています。また、腸管出血性大腸菌O157をはじめ各種大腸菌の検出や季節的に流行するインフルエンザの迅速検査なども行なっています。

輸血関連検査

安全な輸血に必要な検査と、血液製剤の管理、供給がおもな業務です。人の赤血球膜には400 種あまりの血液型抗原があり、妊娠や輸血でこれに対する抗体をつくることがあります。ABO式、Rh式をはじめとした、数多くの血液型に対する抗体の有無を調べる不規則性抗体スクリーニングや、輸血時に患者さんと供血者の血液が適合か否かを調べる交差適合試験など、輸血全般の検査を行なっています。

生理機能検査

生体検査を行なう唯一の部門です。心電図検査や脳波検査はよく知られていますが、肺の検査である呼吸機能検査や、聴力・平衡機能検査、眼底検査、血圧脈波検査など多岐にわたっております。また、心臓や腹部をはじめとした超音波検査も充実しており、より詳細な臓器の状態が把握できるようになっております。患者さんひとりずつに対応するため、他部門にくらべて専任の技師数を多く配置しています。

以上のように、各部門が専門的な検査業務を行なっていますが、それぞれの検査データは相互に関わりあっており、最終的に患者さん個人単位での総合的な検査情報を各診療科へ提供し、医療における重要な一翼を担っております。
また、健康管理に果たす役割も大きく、各種の健診における検査も行なっております。


検査設備 

*( )内の数字は台数

臨床検査システム

DBサーバ(2),FAXサーバ(1),Webサーバ(1),G/W端末(2),検査業務端末(11),、採血管準備システム(1),OMR装置(1),FAXモデム(2),シリアルプリンタ(8),バーコードプリンタ(4),ネットワークプリンタ(3),無停電電源装置(2),他

血液学・尿一般検査室

多項目自動血球分析装置(1),自動血球計数装置(1),全自動血液凝固測定装置(1),自動血沈計測装置(1),血液ガス分析装置(1),浸透圧分析装置(1),分光光度計(1),全自動尿分析装置(1),全自動尿中有形成分分析装置(1),生物学的顕微鏡(4),他

生化学・免疫血清検査室

大型臨床化学自動分析装置(2),自動化学発光酵素免疫分析装置(3),血中薬物濃度測定装置(1),糖尿病検査項目自動分析装置(2),アレルギー特異IgE測定装置(1),全自動電気泳動装置(1),自動免疫蛍光測定装置(1),毛細管ビリルビン値定量計(1),乾式臨床化学測定機(1),免疫クロマト測定機(2),分光光度計(1),廃液処理装置(1),他

微生物検査室

全自動細菌検査システム(1),自動血液培養装置(1),細菌培養器(4),蛍光顕微鏡(1),生物学的顕微鏡(1),炭素ガスインキュベーター(1),遺伝子増幅法分析装置(1),バイオハザード・キャビネット(2),オートクレーブ(2),乾熱滅菌器(1),他

血液室

全自動輸血検査装置(1),輸血管理システム(1),輸血患者認証システム(1),血球洗浄遠心機(1),血液製剤放射線照射装置(1),血液バッグ用陰圧型採血器(2),電動パラマウント採血チェア(1),リストバンド・プリンタ(5),他

生理機能・超音波検査室

生理機能検査ファイリングシステム(1),心電計(4),心電図・脈波計(1),負荷心電図装置(1),コンパクトデジタルホルター心電計(12),血圧・ホルター心電計(3),微小電位解析装置(1),脳波計(2),侵襲的中枢神経微少電位計測システム(1),筋電図・誘発電位検査装置(1),呼吸機能検査装置(1),血圧脈波検査装置(1),オージオメーター(1),デジタル眼振計(1),無散瞳眼底カメラ(1),心臓・血管超音波診断装置(2),腹部・表在超音波診断装置(2),他

その他

純水製造装置(3),超音波洗浄機(2),器具乾燥機(3),ディープフリーザー(3),遠心分離機(13),冷却遠心分離機(1),他

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ