血管内・低侵襲治療センター

 当科の特徴

高度先進医療の大きな柱のひとつとして平成22年4月に新設されました。

血管内・低侵襲治療とは、開頭・開胸・開腹手術の代わりに、画像を見ながら、経皮的に体内に細い管を入れ、病気を治す新しい治療法です。
特に高度な血管内治療に関しましては、認定施設において認定医・指導医のみが手技を行うように、厚生労働省より指導がなされています。現時点では胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療と頸動脈狭窄症に対するステント治療がこれに当たりますが、当施設はすべての治療が認定されております。
実際には、放射線科を中心とした血管内治療の専門医が診療の核となりますが、内科・外科・麻酔科など診療各科との緊密な連携により治療がおこなわれます。また、診療放射線技師、看護師、超音波担当技師、ME担当技師、事務などのスタッフも担当させていただきます。
 


おもな診療・検査内容

「血管内治療」とは:
エックス線透視や超音波像、CTを見ながら、経皮的に体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法です。
従来の開頭・開胸・開腹手術を必要としないため、身体にあたえる負担が少なく、病気の場所だけを正確に治療でき、入院期間も短縮できるなど優れた特徴を持っています。「インターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)」、「低侵襲治療」、「画像支援治療」もほぼ同義語として使われています。高齢者や状態の悪い患者さんのがんの治療に広く応用され、大出血からの救命や、血管などの閉塞や動脈瘤に対する治療にも有効な治療方法です。
また、広義の「血管内治療」としましては、「非血管系」低侵襲治療がありますが、これには、生検、ドレナージ、ラジオ波熱凝固術、経皮的椎体形成術などが含まれます。
以下のような種類があり、病気の種類や状態によって選択し、時には組み合わせて治療することもあります。現在最も力を入れているのは、下肢静脈瘤のレーザー治療です。外来日帰り治療可能ですので、お気軽にご相談ください。
なお、外来は水曜日午前中(医療機関からの予約制下記参照)ですが、その他の曜日も、随時対応いたします

 

1. 血管(Vascular)IVR 2. 非血管(Non-vascular)IVR
  動脈塞栓術(TAE)   生検
  リザーバー留置術   胆管ドレナージ
  静脈塞栓術   膿瘍穿刺ドレナージ
  経皮的血管拡張術(PTA)   経皮的腎瘻造設術
  ステント留置術   結石除去術
  ステントグラフト留置術   ステント留置術
  血栓溶解術   胃瘻・腸瘻造設術
  血管内異物除去術   ラジオ波熱凝固術
  TIPS   経皮的椎体形成術

 


受診方法

医療機関からの予約制となります。下記にご連絡の上、予約をお取り下さい。

[予約連絡先:放射線科外来:月~金曜日(9:00~16:00)]

tel.044-733-5181(代表)

 

 

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ