薬剤部

左右どちらから読んでも意味は同じです。
薬物療法は患者さんの命を守り、健康を回復する重要な手段ですが、同時に「毒」にもなりうるものです。薬剤師はクスリの効果と安全を検証する、「クスリのプロ」です。
薬剤部では、クスリに対する正しい知識と最新の情報に基づいて処方せんを監査し、適正に管理された医薬品を用いて、正確な調剤を行い、患者さんが正しく服用できるようにそして副作用の重篤化を回避するための服薬指導と情報提供を行っています。
また、感染対策、医療安全、緩和ケアチームにも参加し、医療チームの一員として薬剤師が活躍しています。
新体制になり3年が過ぎようとしています。薬剤師人数は15名から22名になり、これまで実施できなかった業務をいくつも完遂できています。また、新たに心不全・糖尿病・てんかん・妊婦授乳婦等のチーム医療にも参画し、学会発表等でもその成果を明確に示しています。
大学病院は「臨床・教育・研究」という三本柱を常に念頭に置き、そのうえで医療安全の確保や経済的な業務実績を上げなければなりません。今後も、患者さんの安全を守るため薬剤部員一同、自己研鑽を怠らず前進していきます。

2015/11/25

 

調剤室から見える夕焼けの画像調剤室から幻想的な夕焼けが見られます。

 

お知らせ

 現在、採用募集はしておりません。見学は随時受け付けております。

 

 


所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ