耳鼻咽喉科

当科の特徴

副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎(花粉症)、鼻出血、などの「鼻の病気」、中耳炎、耳鳴り、難聴、めまいなどの「耳の病気」、扁桃炎、声帯ポリープなどの「のどの病気」、どれも日常遭遇する可能性の高い病気ですが、こうした病気の検査、診断、治療を行っています。こうした診療を通じた癌の早期発見にも努力しています。
最近は、アレルギー性鼻炎や気管支喘息と合併した難治性の蓄膿症が問題になっており、こうした複雑で治りにくい鼻の病気を対象に、新しい内視鏡手術を含めた治療に力を入れています。また、鼻の病気による鼻づまりや扁桃肥大などは、「いびきや睡眠時無呼吸症候群」の原因になりやすいことがわかっています。これは、子供にとっても成人にとっても気をつけるべき問題で、生活習慣病の予防をするためにも怪しいと思ったら早期に検査を行い治療すべきです。当科では子供も含めて、精密な検査から治療まですべてを行える体制を整えています。当科では、専門性の高い医療を目指しています。
治療に当ってはインフォームド・コンセントを重視し、信頼感の得られる医療が必要と考えています。
 


おもな診療・検査体制

午前中は一般外来を行い、午後は小手術、検査や特殊外来を行っています。扁桃炎、突発性難聴、顔面神経麻痺などの緊急性を要する症例では入院治療も行っています。補聴器に関する検査や相談も補聴器専門店と連携して、「補聴器外来」を設けています。また、「アレルギー・花粉症外来」では、減感作治療など幅広く治療の相談を受け付けています。
外来診療をパーテーション化して患者さんのプライバシーに配慮するとともに、医療機関どうしの医療連携も円滑に行えるように努力しております。
当科は、日本耳鼻咽喉科学会、日本アレルギー学会の認定研修施設であり、高度で専門的な診療とともに、大学病院として医学生、若手医師の教育、さらにはより良い治療法の開発にもつながる研究にも力を入れています。
 

 主な手術症例 

・内視鏡下鼻内鼻・副鼻腔手術

・鼓室形成術(中耳炎に対する手術)、
・いびき・睡眠時無呼吸症候群に対する手術
・耳下腺、顎下腺などと頭頸部腫瘍に対する手術
・眼窩吹き抜け骨折などの顔面外傷に対する手術

など幅広く行っています。

外来でのレーザー治療などを含めた、短期入院、日帰り手術も「患者さんの希望」と「医学的な適応」を考慮して、弾力的に行っています。

検査内容

聴力、眩暈(めまい)、嗅覚、味覚などの検査をはじめ、顔面神経機能検査、鼻腔通気度検査などの各種機能検査を行っています。

 

 ① 聴力検査
純音聴力検査、語音明瞭度検査、自記オージオグラム、聴性脳幹反応検査
② 平衡機能検査
CCDカメラによる眼振検査は外来で行えます。さらにくわしい検査が必要な場合、電気眼振図検査を行っています。
③ アレルギー検査
血液検査による抗原検査、鼻汁中好酸球検査、皮膚テストを行っています。
④ ファイバースコープによる、鼻腔、咽喉頭検査
⑤ 画像検査
耳鼻咽喉科領域の単純レントゲン検査を始め、CT検査、MRI検査、頚部食道造影検査など
 

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ