形成外科

村上 正洋

形成外科 部長

形成外科は体表面の疾患がおもな治療対象となります。そのため機能面だけでなく整容的にも十分に納得できる治療成果が求められます。
当科では、患者さんの対場に立った治療を常に心がけ、丁寧な説明により十分な理解が得られたうえで治療を行っています。充実した医療設備と確立した手術手技、さらに美容外科の経験で養われた技術も加味し、傷跡の目立たない手術を目指しています。
なかでも、ケロイド・肥厚性瘢痕の患者さんの数は全国的に見ても有数であり、他施設で例を見ないScar Control外来(手術の傷を手術直後から診察し、目立たないようにする外来)も開設されており、傷跡治療に関しては本邦を代表する施設となっております。一方で、まぶたの手術(眼形成外科)の患者さんも多く、眼瞼下垂症(まぶたが上がらない)、眼瞼皮膚弛緩症(まぶたのたるみ)、睫毛内反症(逆さまつ毛)などの疾患を、症状の改善だけでなく、美容的マインドも意識して積極的に治療しております。
 


おもな診療・検査内容

以下のような体表面に生じた病変を、おもに手術で治しています。

 

設備

最新の画像診断装置(CT、MRI、超音波診断装置、体表面サーモグラム)、電子線照射装置、手術用内視鏡、血管吻合用顕微鏡、高周波ラジオ波メス、皮膚灌流圧測定装置、血圧脈波検査装置、LED光治療器、センチネルリンパ節生検用ガンマプローブなどを完備しています。


外傷とその後遺症(切創・挫創、熱傷、顔面骨骨折、ケロイド、傷跡のひきつれ など)
眼瞼(まぶた)の疾患(眼瞼下垂症、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼内反症、睫毛内反症 など)
皮膚腫瘍(ほくろ、粉瘤、脂肪腫、皮膚がん など)
先天異常(多合指症、耳の変形、唇裂、でべそ、あざ など)
美容外科(わきが、陥没乳頭 スキンケア相談 など)
下腿潰瘍・壊疽(糖尿病や動脈硬化による足と下腿の傷)
その他(巻き爪、漏斗胸 など)

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ