放射線科

当科の特徴

市川 太郎

放射線科 部長

大学の付属病院と、地域医療の中核診療病院としての性格を併せ持ち、診療・教育・研究のバランスの良い医療を目指しています。
単純撮影、各種造影検査、CT、MRI、RI、乳腺撮影等の診断モダリティーを効率的に組み立てた画像診断が診療の中心ですが、特に胸部と腹部疾患の画像診断を得意としています。

スタッフ6名中3名は、放射線専門医です。

 また放射線科では、医師と診療放射線技師がともに手を携えて患者さんの診断、検査、治療に当たっています。現在、藺牟田 治技師長をはじめ総勢18名の診療放射線技師が在籍しています。

 

近隣の医療機関からの画像検査のご依頼について

当院の各科にご紹介いただき検査を施行するほか、直接放射線科へ検査をご依頼いただくこともできます。患者さんの状態や検査の依頼趣旨によりご選択ください。
直接放射線科へのCT、MRI、RI検査のご依頼は、電話にて放射線科受付(内線2260)へご連絡のうえ予約をお取りください。診療情報提供書には、フィルムコピーを希望するか否か、画像所見報告書を希望するか否か、の御記載をお願いいたします。また、造影検査の依頼の場合は、腎機能検査結果、喘息の既往、薬物アレルギー、ヨードアレルギーの既往の有無の御記載をお願いいたします。ほかに、消化管造影検査(胃、大腸)の御予約も受け付けております。

 

また、冠動脈造影CTは、内科外来を経由してのみ受け付けております。

 

放射線治療のご依頼は、木曜日の予約制となっておりますのでご承知おきください。

 

放射線治療業務の一時休止について (平成26年4月1日より休止中)

当院ではリニアック装置の更新に伴い、放射線治療業務を休止しております。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

 


おもな診療・検査内容

2009年度実績で、CTは12,847件、MRIは3,498件、胸部単純写真は25,119件、RI(核医学検査)は1,141件で、放射線科医によって診断レポートが作製され、専門医によりチェックされています。

放射線治療は、2009年度実績で2,607件でした。血管造影、血管内治療は、血管内・低侵襲治療センターと協力して行っています。詳細は血管内・低侵襲治療センターの紹介をご覧ください。

設備等について

マルチスライスCT装置2台(64列,16列)、高磁場(1.5T)MRI装置、血管撮影装置、X線テレビ装置、RIガンマカメラ、気管支鏡、超音波装置、乳房撮影装置など。

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ