小児外科

ご挨拶 

髙橋 翼

小児外科 部長

  小児外科は、赤ちゃんから中学生(0~15歳)までの頭頚部、胸部(肺・縦郭)、腹部(消化器・肝胆膵・泌尿器)、体表といった体のほぼ全域の病気を治療する外科で、臓器も病気も多岐にわたります。「小児は大人のミニチュアではない」といった言葉があるように、大きさだけではなく小児特有の特徴があるため、細心の注意を払い、診療にあたらなければなりません。そのため、小児科、産科、麻酔科をはじめとする各診療部門のスペシャリストと密に連携し、診療にあたっております。
 「自分の子どもなら・・・どうするか?」を一番に考え、安全でかつ確実な医療を提供できるように、また病気のお子様の心までも癒せるような医療を提供できるように、と心掛けております。内視鏡外科手術も治療に取り入れており、低侵襲で、お子様の体に優しく、お子様の数十年先の生活の質にも十分に配慮した治療を行っております。
  お子様が初めて病気になられて困っている方、誰に相談してよいか迷われている方、お子様の病気や手術について他の病院の意見をお聞きになりたい方など、お気軽にご相談下さい。


当科の特徴

周産期・小児医療センターではこどもたちの病気のために、小児外科、小児科、麻酔科などのスペシャリストが診療科の枠を超えて診療にあたります。

産科、新生児内科と協力して、出生前診断された赤ちゃんの診療にあたります。もちろん生まれてから診断された赤ちゃんも、各診療部門と連携し、診療にあたります。

「Quality of life=生活の質、人生の質」
 10年先、20年先を見据えて、それぞれのお子様の治療を選択できるように心掛けて診療にあたります。

「自分の子どもなら・・・」を一番に考え、それぞれのお子様に一番合った治療を提供し、お子様やご家族が「治ってよかったね」と喜べるように診療にあたります。

 

 


おもな診療・検査内容

おもな疾患

以下に様々な疾患を紹介させて頂いておりますが、小児外科疾患は多岐にわたるため、その一部となります。最終的には診察を受けていただかないとわからない場合がございますので、ご心配なことがございましたら、是非一度ご来院ください。 

頭部・顔面 副耳、耳前瘻孔
口腔 舌小帯短縮、口唇小帯短縮
頚部 正中頚のう胞、側頚瘻、梨状窩瘻、リンパ管腫
胸部 肺分画症、肺のう胞性疾患、気胸、膿胸、漏斗胸
食道 胃食道逆流症、食道閉鎖症、食道狭窄、食道静脈瘤、異物誤飲・誤嚥
横隔膜 横隔膜ヘルニア、横隔膜弛緩症(挙上症)、食道裂孔ヘルニア
消化器 肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転症、胃・十二指腸潰瘍、消化管穿孔、腸閉鎖症、腸回転異常症、腸重積、メッケル憩室、腸管重複症、腸閉塞、ヒルシュスプルング病、直腸肛門奇形(鎖肛)、肛門周囲膿瘍、痔ろう、便秘症、痔核・裂肛、壊死性腸炎、胎便性腹膜炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、下血
肝・胆・脾 胆道閉鎖症、胆道拡張症、胆石症、門脈圧亢進症、脾腫
膵炎、膵のう胞
腹壁・臍 臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、臍腸瘻、尿膜管遺残、臍炎、臍肉芽
鼡径部・精巣 鼡径ヘルニア、陰嚢水腫・精索水腫、ヌック管水腫、停留精巣、移動性精巣、急性陰嚢症
泌尿生殖器 水腎症・水尿管症、膀胱尿管逆流症、先天性腎疾患、包茎、埋没陰茎、精索静脈瘤、卵巣嚢腫、水膣・水子宮症
腫瘍 神経芽腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫、胚細胞腫瘍(奇形腫)、横紋筋肉腫、肺腫瘍、膵腫瘍、リンパ管腫、血管腫

上記疾患については、日本小児外科学会の公式ホームページ内の「小児外科で治療する病気」に詳しい解説がございますのでご参照下さい。

 

おもな検査

 

上・下部消化管造影検査 造影剤を使って、胃や大腸の形や流れをみたり、ポリープなどの有無を調べたりする検査です。頻回の嘔吐や下血、便秘などの診断の際に行います。
24時間pHモニター検査 食道内に細いチューブを入れ、食道への逆流の頻度を調べる検査です。胃食道逆流症の診断の際に行います。
上・下部消化管内視鏡検査 成人のカメラより細いカメラで、食道、胃、大腸などを観察する検査です。内視鏡専門医が行います。吐下血や異物誤飲などの診断、治療の際に行います。幼少児の場合は、全身麻酔下で安全に検査が可能です。年長児の場合は、外来で静脈麻酔のみで行える場合があります。
直腸粘膜生検 直腸の粘膜の一部をとって、腸の神経があるかないかを顕微鏡で調べる検査です。便秘やヒルシュスプルング病の診断の際に行います。この検査は全身麻酔で安全に行えます。
膀胱造影検査 造影剤を使って、膀胱、尿道の形態を調べたり、尿管への逆流がないかを調べたりする検査です。尿路感染症や尿失禁、夜尿などの原因を診断するために行います。
排泄性腎盂尿造影検査 造影剤を使って、腎臓から膀胱までのおしっこの流れや形態を調べる検査です。尿路感染症や水腎症などの診断の際に行います。
膀胱鏡検査 細いカメラを使って、尿道、膀胱を観察する検査です。膀胱尿管逆流症や慢性膀胱炎などの診断、治療の際に行います。この検査は全身麻酔で安全に行えます。
超音波検査 超音波で腹腔内や鼡径部など体の中を観察する検査です。痛くない検査で簡便でかつ侵襲も少ない検査です。皮下や腹部腫瘤、停留精巣などの診断の際に行います。
CT検査 レントゲンを使って、いろいろな方向から体の中を詳しく調べる検査です。
MRI検査 磁気を使って、いろいろな方向から体の中を詳しく調べる検査です。被ばくしないことがメリットですが、お子様の場合は安静が保てないため、お薬を使って眠った状態で検査する必要があります。
核医学検査 体に害のない放射線をだす薬を使って、体の中の状態を画像(シンチグラム)にする検査です。腎臓の機能、おしっこの流れ、おなかの腫瘍、炎症などを調べるために行います。

 

一般社団法人 National Clinical Database (NCD) の外科手術・治療情報データベース事業への参加について

患者様へ
 
平成23年1月1日より日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化にする事業が開始されることになり、これに関連する多くの臨床学会が連携し、一般社団法人 National Clinical Database (NCD) が設立されました。この事業は医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
当科もこのNCDが実施するデータベース事業に加わっております。
参加していただいた場合、手術をお受けになった患者さんの診療情報(年齢、性別、疾患名、手術名などの治療法 等)をNCDに提出させていただくことになります。ただし、個人情報保護法に基づき個人情報が病院外で特定されることのない形で提出されますので(個人名、住所等は除かれたデータとして登録されます)、その点はご安心頂き、ご理解の上ご協力のほどよろしくお願いします。
患者さんが本事業に対して、登録を拒否することは自由であり、拒否されても、日常の診療等で不利益を被ることは一切ありません。また、症例登録のために、検査の追加や、手術、入院期間の延長が行われることはなく、診療自体に影響を与えることはありません。

以上につきましてご理解を頂き、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。なお、詳細は下記資料(PDFファイル)をご参照ください。

 

患者様へのご説明資料(PDF)
 

詳しい内容や倫理的配慮につきましては、以下の一般社団法人National Clinical Database (NCD)のホームページをご覧下さい。

 

一般社団法人 National Clinical Database (NCD) ホームページ
 

所在地・ご連絡先

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
電話:044-733-5181(代表)
夜間・休日救急:044-733-5181
医療連携室:044-396-8079
地図と交通
休診日:
日曜・祝祭日,
年末年始(12/30〜1/4),
創立記念日:4月15日(当該日が日曜・祝祭日となる場合はその翌日)
  • 広報サイト:意気健康トピックスセレクション
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ