武蔵小杉病院新築工事 着工について

学校法人日本医科大学は、2019年3月下旬に武蔵小杉新病院の建設に着手します。
建物は2021年7月末竣工、事前準備及び移転を経てグランドオープンは2021年秋を予定しております。
kosugi1
kosugi2

建物概要

工 事 名 称 :日本医科大学武蔵小杉病院新築工事

事    業   主 :住所 東京都文京区千駄木1-1-5

                      氏名 学校法人日本医科大学

                                 理事長 坂本篤裕

設計・監理:住所 東京都千代田区飯田橋2-18-3

                      氏名 株式会社日建設計

                                 一級建築士事務所 近藤彰宏

施   工   者 :住所 東京都新宿区西新宿4-32-22
                      氏名 株式会社フジタ東京支店

                                 常務執行役員支店長 喜田克英

工 事 場 所:神奈川県川崎市中原区小杉町1-304-2(地番)

用         途  :病院(病床数372床)
構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地上9階

                      免震構造

敷 地 面 積 :13,891.24㎡

建 築 面 積 :5,685.85㎡

延 床 面 積 :32,911.91㎡

高         さ  :41.54m

工         期  :2019年3月下旬~2021年7月31日(予定)


施設構成

kosugi


設計コンセプト

(1)高度医療を提供する病院

  ①救急・総合診療センターを中心とした救急機能の充実

  ②周産期・小児医療の充実

  ③高度医療のできる周術期機能の充実

  ④医療技術の進歩と変化に追従できる施設設備

  ⑤チーム医療の推進と教育・研修機能の整備

(2)安全で信頼される病院

  ①ゾーニングによるセキュリティの徹底

  ②医療安全管理・感染予防管理の徹底

  ③入退院・患者支援センター(PSC)の充実

(3)患者・家族にわかりやすくやさしい病院

  ①療養環境に配慮した施設整備

  ②プライバシーに配慮した施設整備

  ③わかりやすい部門配置による動線計画

(4)災害に強い病院

  ①地震災害に強い免震構造の建物

  ②大規模災害時でも機能する施設・設備

(5)医療従事者が働きやすい病院

  ①機能的で無駄の少ない建築・設備計画

  ②環境にやさしく維持管理に配慮した建築・設備計画

  ③明快な階構成とコンパクトで連携しやすい部門配置


詳細資料:新病院について (PDF:2552KB)